2012年

9月

26日

IT関係のひとびと

店を構えていると、やって来られるのはお客様だけでなく、様々なセールスの方も。ウェブ対応が必須の今、IT関係の方も多いです。パソコンだけでなくスマートフォンにも対応していかなければならない時代のようです。

 

プロにお願いしたら、低迷している自作のホームページのアクセス数も店の来客数も一気にアップするかも、なんて思います。

けれど、なんせ資金難。当面はなんとか自分で出来るところまでやっていきますと、正直に答えてお断りしています。

 

どう見ても脈がない客、セールス目当てならそそくさと帰られるところでしょう。それがセールスを度外視して親身に相談にのってくださったりして驚いてしまうことがあります。それも一人じゃなく、二人、三人…。申し訳ないと思いながら、ちゃっかり活用させてもらっています。

 

ブログを読んでくださっている方の中には、のんきにありがたがって、おめでたい性格だと思われる方があるかもしれません。いつかは成約につながると、下心があるからだと…。

 

そうかもしれません。でも、やっぱりそうじゃない。

 

IT関係の方って、クールで、どちらかというと冷徹、なんてイメージを持っていました。IT関係の知り合いが増えるにつれ気づいたことですが、実際は有能な方ほど、ホットで、人間味に溢れています。

皆さん、機械を扱えるかどうかの前に、そこに「なにを」打ち込めるかどうかが大切だと、異口同音に言われます。

私が素人なりに懸命にやっているとわかると、仕事を超えて助けてくださるのは、取りも直さずそうした人間味からでしょう。

 

こうした皆さん、ますます信頼の篤い、優秀なセールスマン、セールスレディに育っていかれるに違いないと信じています。

 

この場を借りて、お礼を。ありがとうございます!

0 コメント

2012年

9月

21日

叩けよ、さらば開かれん

このブログでも何度か書いていますが、昨年の秋、10月から11月にかけて、京都府主催の起業家セミナーを受講しました。

 

その情報誌「クリエイティブ京都M&T」9月号に、卒業生として私の拙文と「しののめ寺町」が紹介されています。興味のある方は京都産業21のホームページからご覧ください。http://www.ki21.jp

 

当時はまだ起業するかどうか未定の状態で、万一に備えて出来る準備はしておこう、といった感じでした。

初日、教室に入るなり、気後れするばかり。まわりの人が皆、有能でバイタリティ溢れて見えたものです。内容もなかなかにハードでしたが、もう後にはひけません。くらいついていこうと覚悟を決めると、あとは学ぶ楽しさにとり憑かれました。学生時代の再来、よみがえる青春、といったところでしょうか。(笑)

 

セミナー終了と共に起業が決まり、物件が見つかり、あれよあれよという間に開店の運びとなった次第。それが今年の3月です。そして開店から半年が過ぎました。あまりに目まぐるしい一年。思えば、起業家セミナーが幸運の扉だったように思います。

 

叩けよ、さらば開かれん

 

まさか一年後、卒業生代表として原稿を依頼され、自分の店が紹介されるなんて、夢にも思っていなかったことです。人生、なにが起こるかわかりません。

 

この起業家セミナー、今秋の募集、まだ間に合うようです。このブログを読んでくださっているあなた、起業なんて、と思っているあなた、いかがでしょうか。一年後、どこかの店の店主になっているかもしれませんよ。ホント!

 

0 コメント

2012年

9月

09日

家電叫(!)奏曲

残像の冷蔵庫
残像の冷蔵庫

「最近どう?」

と聞かれて避けられない話題といえば、自宅の家電製品が軒並み故障したことでしょうか。

 

まずは2階ダイニングキッチンのクーラーです。猛暑のさなかのこと、吹き出し口からタバコのような煙がもくもく出ているではありませんか。天井埋め込み式のビルトインタイプです。

すわ、天井裏が燃えている?

消防署に相談の電話を掛けたところ、2分も経たないうちにサイレンを鳴らして消防車が到着。完全防備のファイアーマンが駆け上がってこられました。

キャァー!

結局、3時間近くかかって、煙の正体は冷媒と判明。優しい皆さん、よかったよかったと笑って帰っていかれました。

 

続いてトイレの水洗のリモコンが故障。水が流れません。

キャァー!

 

さらに冷蔵庫が故障。

17年ほど使っているものでかなりの小型です。空きスペースをきっちり測って電気屋さんに行き、念願のちょっと大きめを購入しました。買い物もままならない毎日、これで少しは楽になると、観音開き(フレンチドアとやら言うそうです)の扉の向こうにいっぱいの夢を詰め込んで帰ってきました。

 

ところが…、

階段の幅を測っていかなかったもので…、

もうおわかりでしょうか、ハイ、2階のキッチンに上げることができませんでした。

キャァー! 

 

クレーンで吊って2階の窓から入れるという手もあったのですが、開店前から、お金が動くと言えば、支出ばかりの一方通行。省けるものと省けないものを仕分け、頭で電卓を叩く癖がついてしまっています。

クレーン代が21000円…、その時、思ったんです。これは省けると。

サイズダウンして階段を通れるものに変更しました。昔ながらの片開きドアに逆戻りです。

 

家電製品が故障して、改めて脆弱な自分の暮らしを反省します。

そんな殊勝なことを思いながらも、目の前にちらつくのは 、潔く諦めたはずの観音開きドアの冷蔵庫の残像です。

 

私、自分さえ我慢したら済むことは、我慢しちゃえと考える習性があるようです。仕事のみならず、家事も頑張っている自分に、これくらいのご褒美を買ってやってもよかったんじゃないかと、もう一人の自分が詫びています。

 

そこで、私の夢、

「しののめ寺町」をなんとか軌道に乗せて、次回の買い替えの折には、心置きなく好きな冷蔵庫を自分に選ばせてやりたい。

階段が通らなきゃ、クレーンでもなんでも吊ってやるからね!

 

私の夢実現のために、どうぞ皆様、ご支援のほどよろしくお願いします。