じゃこ山椒 (ちりめん山椒)

じゃこ山椒(ちりめん山椒)

           「母の味」を守り続けて36年。

        創業以来、皆様に愛されている看板商品です。 

ちりめんじゃこ

            炊く前のちりめんじゃこです。

      味が均一になじむよう事前に不揃いのものを取り除きます。

暖流の海

 

宮崎県と徳島県で水揚げされたちりめんじゃこの中でも特に上質なものを厳選。

小ぶりで柔らかく、そのまま食べても十分美味しいちりめんじゃこです。

 

調味料は主役の素材を最大限に生かせるものを選んでおります。なかでもお酒はことのほか上級のものを使用、ちりめんじゃこの味を引き立てる名脇役となっています。

 

薄味ながら深い味わいがあるのは、こうした素材の良さと長年培われた秘伝の調味のなせる技です。軽く炊き上げているため、ちりめんじゃこは柔らかいままです。国産の山椒の実も刺激がきつ過ぎず、程よいバランスに仕上がっています。噛みしめると、ちりめんじゃこと山椒の実が相まって、えもいわれぬ味が口いっぱいに広がります。

 

お客様からは「やさしい味」「上品な味」というお声をよく聞きます。小さなお子様や病中で食欲のない方にも喜ばれています。

 

あたたかいごはんにかけてはもちろん、お酒のあてに、様々な料理のトッピングにとお使いいただけます。レシピ集をご覧ください。

                  塩昆布

塩昆布

   塩昆布につきましてはしののめ寺町オリジナルの味になっております。

塩昆布

           炊き上がったばかりの塩昆布です。

          このあとタオルをかけ、一晩寝かせます。

 

北海道で採れた上質な昆布を使用しています。そのまま口に含んでも、昆布のうまみが広がり、すぐに柔らかくなるものです。大分県のくぬぎなどの原木で育った乾しいたけ、じゃこ山椒で使用しているちりめんじゃこ、国産の山椒の実と合わせ、じっくりことこと炊いています。

 

調味料はじゃこ山椒と同じものを使用。やはり上級のお酒が、まろやかな味の決め手となっています。

 

うま味のにじみ出たタレをすべて吸い切ったところで、ちょうどいい柔らかさに仕上がるよう、火加減に細心の注意を払いながら炊き上げていきます。素材の 持ち味を生かして 味、甘さ控えめにしています

 

お客様からは「自然な味わい」「家庭的な味」というお声をよく聞きます。舌にやさしい柔らかさと味付けは、飽きのこない美味しさです。高血圧など減塩されている方、辛いのが苦手、甘いのが苦手という方に喜ばれています。 

 

お茶漬けに、おにぎりの具に、おかゆにのせて、さまざまお使いいただけます。

 

お茶漬けに